もし子供が生き神様に選ばれたら。

ネパールでは、クマリと呼ばれる少女の生き神様がいて、32の条件を満たす少女から選出されるそうです。しかも選出されつのは一般の娘とのことで、出掛けることや家族以外の人間と話すことも禁止されているのだとか。そんなわけで、5歳の娘が生き神様として使えるご家族の話なのですが、お父さんは職人をやっていたものの、娘の世話のために一時的に辞めているんですかね。クマリとなった娘さんも家族と話す時だけは嬉しそうなのだとか。なんだか、名誉職でもいきなり不自由になるっという感じなんですかね、文化的に異なるのでそんなふうに思わないのかもしれませんが。
ちなみに、リミットがあって、乳歯の生え変わりや初潮を迎えることによって出血することで任期が解かれ、次のクマリが選出されるのだとか。それまでは様々な人が信仰の対象として訪れていたのに、突然クマリじゃなくなって誰も訪れてこないなど、生活が一変して大変なのかもしれませんね・・・。なんとも興味深い文化ですが、もし自分の子供がクマリになったらって考えると、どこにも出掛けられず不自由すぎて居た堪れないかもしれませんね。そう考えるのは、もちろん私が日本人だからだと思うのですが。

SHARE

SNSで拡散してくれたらメッチャ嬉しいです!

Feed Listアンテナサイト































Search

下の入力欄にキーワードを入れて「検索!」ボタンを押してください。