2022.07.24カッコイイ動画

【妖精の煙突】エスニックで魅力的なカッパドキア。

トルコ中央部の地域「カッパドキア」をドローンで撮影した映像です。
「妖精の煙突」と呼ばれる岩や熱気球、エスニックな建物の近くをドローンが撮影しているのですが、まるでCGのような不思議な風景が広がっています。

概要

トルコのカッパドキアをジェットコースターのように駆け抜けます。
ここは、象徴的な熱気球、古代の洞窟の町、妖精の煙突のあるところです。

Johnny FPV x Beautiful Destinations – Turkey

カッパドキアとは

火山群の間に位置する溶岩で覆われた平原が、数千年にわたる雨風に侵食されてできた谷や渓谷、丘、奇岩、そして岩を削って作られました。
トログロ人の住居や地下に掘られた町が異界的な外観を見せています。
凝灰岩層で形成された台地は、川や谷の中腹を流れる洪水、強風に侵食され、妖精の煙突と呼ばれる奇妙な形をした地形が形成された。これらは、キノコ型、ピナクル型、キャップ型、円錐形の地層という名前で呼ばれています。
この地域の先史時代の集落は、ニグデのコスク塚、アクサライのアシクリ塚、ネヴシェヒルのチヴェレック洞窟、南東部のカイセリ周辺のクルテペ、カニス、アリサルなどです。
この特異な地形を持つ地域は神聖視され、スキタイ語・カッティ語で「主神ヘパトの民の国」を意味するケパトゥカと呼ばれていましたが、この地域の名前の由来については、古ペルシャ語で「美しい馬の国」を意味するとされるカトパトゥカなど、より詩的な由来が主張がなされています。
紀元前1200年代以降、スキタイ人のハッティ分派のタバル公国が強大になり、タバル王国を建国しました。ローマ時代には初期の脱走キリスト教徒の避難所として利用されました。
また、カッパドキアには、初期のキリスト教徒が隠れ家として使った地下都市がいくつかある。

SHARE

SNSで拡散してくれたらメッチャ嬉しいです!

記事に全く関係ない、AMAZONで見つけた
今からでも始めたいTikTok

この記事を書いたヒト

k182

k182
ビールとコーヒーが好きです。
なんか作ったらnoteに備忘録として書いていこうかと思います。
このサイトのTwitterFacebookもよろしくお願いします。